手風琴街便り♬♩♩♫♪

キキ写真集 in シャボテン公園 編

伊豆シャボテン公園に遊びに行った時の写真集です。
伊豆は犬を連れて遊びに行けるスポットがとても多いのでおすすめです。


013_convert_20140130134419.jpg
016_convert_20140130134448.jpg
031_convert_20140130134524.jpg
033_convert_20140130134547.jpg
037_convert_20140130134603.jpg
カメラ目線のポニーさん
039_convert_20140130134632.jpg
052_convert_20140130134649.jpg
061_convert_20140130134710.jpg
ハクチョウ「いらっしゃいませ~♪お客さん、今日はどちらからいらしの?」
080_convert_20140130134737.jpg
「あたち、どこから来たの?よくわかんにゃ~い」
089_convert_20140130134817.jpg
087_convert_20140130134758.jpg
092_convert_20140130134830.jpg
098_convert_20140130134846.jpg
100_convert_20140130134902.jpg
127_convert_20140130135012.jpg
119_convert_20140130134929.jpg
123_convert_20140130134949.jpg
ナマケモノはどこ?答えは次回、ジジの写真集 日常編で。 *注 ↓フラッシュ禁止であり、撮影禁止ではありません
129_convert_20140130135034.jpg
ジジ「大変!キキとねこじた丸が骨になっちゃったわ~ん!」
134_convert_20140130135052.jpg
ジジ「なんちって」
136_convert_20140130135124.jpg
138_convert_20140130135145.jpg
154_convert_20140130135204.jpg
156_convert_20140130135221.jpg
157_convert_20140130135242.jpg
158_convert_20140130135302.jpg
159_convert_20140130135319.jpg
175_convert_20140130135339.jpg

次回はジジ写真集をお送りします。
ジジの写真集を楽しみにしてくださっていた皆様、大変申し訳ありません
現在 迷い犬の保護の記事を優先するため、暫く掲載を見送ろうと思います
落ち着きましたら必ず、必ず掲載しますね。
迷い犬の記事は最新情報を追加していきますので見ていただけたら嬉しいです。
どうかご協力よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

キキ写真集 日常編

046_convert_20140130140753.jpg

本日はキキの写真を集めてみました。
カメラマンの腕は少々悪いですが、みなさま楽しんでいってください。

341_convert_20140130132035.jpg
そこに隠れているのはどこの子?
006_convert_20140130133752.jpg
「あたちだょ
010_convert_20140130132208.jpg
どんぐりダンス1
どんぐりダンス2
どんぐりダンス3
008_convert_20140109213040.jpg
007_convert_20140130140815.jpg
050_convert_20140130141138.jpg
022_convert_20140130141103.jpg
024_convert_20140130140341.jpg
062_convert_20140130140427.jpg
213.jpg
遨エ謗倥j_convert_20140130140655
106_convert_20140130140605.jpg
108_convert_20140130140639.jpg
052_convert_20140130140517.jpg
055_convert_20140130140533.jpg
064_convert_20140130140934.jpg
051_convert_20140130140921.jpg
IMG01154_convert_20140130150400.jpg
aa_convert_20140130150833.jpg
070_convert_20140128124614.jpg
009_convert_20140105220721.jpg
IMG01296_convert_20140130150150.jpg
繧ュ繧ュ縲€繧ュ繝ェ繝ウ_convert_20140116183734

勉強中!?

アメリカでとても人気の高いドッグトレーナー シーザー・ミランさんの番組『カリスマ・ドッグ・トレーナー~犬の気持ちわかります~』(原題Dog Whispere with Cesar Millan)を見ていると、ねこじた丸よりもキキのほうが真剣に見ていることがあります。
070_convert_20140128124614.jpg
犬の番組を見る犬

もしかしてキキもカリスマ・ドッグトレーナーになりたいの!?


多分、テレビに映るほかの犬に興味深々なだけなんだと思いますが、動物ってテレビの映像から学習することもあるので侮るなかれ。

昔、ねこじた丸が仔猫と動物番組を見ていた時のこと。
キツネがピョンと飛び跳ねて鳥を捕っている映像を真剣に見ていた仔猫はそれを真似し始め、それ以来おもちゃで遊ぶときはキツネの狩りの仕方に似た捕え方をするようになりました。

この仔猫は狩りの仕方も教わることなく早くに母猫と死別してしまったので、キツネの狩りの映像を見て本能的に勉強していたのだと思います。

キキも結構頭がいい子なので、人間が知らないところでテレビ見て学習しているのかもなぁ。
将来の可能性をいろいろと秘めているかも。

シャンプー

咳もだいぶ収まって体調も良くなってきたので、今日はジジキキのシャンプーをしました。

ほとんどの柴は水嫌いと聞きますが、キキはブラッシングも大っ嫌い

逃げる 逃げる
005_convert_20140125142208.jpg
「へへ~んここなら追ってこれにゃいだろ~

でも・・・

「御用になった
010_convert_20140125142702.jpg
つないでブラッシングです。
首回りは気持ちよさそうでした。

もじゃもじゃ
004.jpg

我が家にはシャンプールームがあります。
ジジみたいな大きな犬も洗えます。
ライオンもクマも洗えます。
いればの話。

シャンプー中はいろんな意味でアワアワで写真は撮れませんでした
キキはとにかく逃げます
だからなかなか終わらない。
ジジもシャンプーは嫌いです。
でも我慢していてくれるので早く終わります。

シャンプーが終わると嬉しくってテンションが上がってしまいます。
ジャンプしたりタオルで遊んだり、部屋がめちゃくちゃ。
「タオルでごしごしされたらなんだか楽しくなっちゃった
014_convert_20140125144741.jpg

キキはタオルも嫌い。
やっぱり逃げる
「グレてやるぅ!びちょびちょの体でソファーに座ってやるぅ!どうだ!参ったか!えっへん
017_convert_20140125150053.jpg
いいもん、そっちは相方のソファーだもん。黙ってればバレないもん。


乾かしてフワフワになりました。
「どう?あたちきれい?」
053_convert_20140125151540.jpg
きみ、穴掘りばっかりしてるから毛の中からいっぱい土が出てきたよ。

「眠くなっちゃった
075_convert_20140125151900.jpg

「お昼寝するね~
070_convert_20140125152318.jpg



今日使ったシャンプーはこちら。
042_convert_20140125144031.jpg
二人ともさっぱりしていい香りになりました

連れ去り予告

「その犬なんていう犬?」
ジジと散歩しているとそう声をかけられることがよくあります。

声をかけてくれるのはとてもうれしいです。
ジジがブリーダーに放棄されたことをお話ししてこういう不幸な動物たちが沢山いることを知ってもらえたり、時には動物ボランティアをされている方や、不幸な犬や猫の里親さんになった方や里子になったわんこ達と知り合えたりするからです。
大抵はいい人たちとお話ができ、これも犬を飼う楽しさだと思います。

でも世の中いい人たちばかりではないということを思い知らされることがたま~にあります。

それはジジが我が家に来てからまだ2か月か3か月くらいたった頃。
いつものように散歩中どこかのおばさんに「その犬なんていう犬?」と声をかけられました。
ジジは「グレートデンです」。

ねこじた丸はジジが年寄でブリーダーから放棄された犬であることを話しました。

その人のご主人も以前は大型犬を沢山飼っていたそうで、それで声をかけてきたのだとか。

でも、その人は「そういう犬は早死にする」「介護が大変だからそうなる前に安楽死させろ」と何度も言ってきました。
そんなことを言われ、こちらとしてはあまりいい気分ではありません。

ジジが「早く行こうよー」と 言っているし「それじゃ」と言って去ろうとしたら腕をつかまれ引き留められた。



年寄のジジを引き取ったのは覚悟の上。


それに安楽死は安易にするものではありません。
人間が見ているのが辛かったり、介護できないからと言ってその子自身の意思を無視してはいけない。
飼い主なのだから、その子が「まだ生きたいよ」と言っているのか「もう耐えられないよ」と言っているのか聞き取れなければならない。
その判断は本当に難しい。一生後悔するかもしれない。
最後の時まで愛情を注いで大切にすることが飼い主の誓い。

多分、その人は「安楽死」ではなくて「殺処分しろ」という意味で言っていたのだと思う。
どこの獣医が年寄りという理由だけ安楽死の処置を施すというのだろうか?
その人の家ではそうしてきたのだろうか?


その人は「私は犬のことをボランティアで教えてやっているんだ」と言い放ち、めちゃくちゃな犬に関する知識を散々披露した挙句、ねこじた丸に顔を近づけてきて「私の気に入らない飼い方をしたら連れ去ってやる!」と吐き捨ててようやく立ち去って行った。

あたりは暗くなり一時間以上引き留められてしまった様だった。
疲れているジジを見て、あのおばさんから早いとこ逃げればよかったと激しく後悔した。

相手はなぜか家の場所を知っていた。
グレートデンを飼っている家は少ないし、通りがかりに庭にいるところでも見たのだろう。
それ以来、そのおばさんが誘拐しにくるのではないかと不安になっている。

もし連れ去られたりしたら一番傷つくのはジジ。
ジジを守ってあげなければ、と思うとあまり庭に出せなくなってしまい、少し人間不信になり散歩の時も神経が尖っていた。


でも、あの時あのおばさんは「恐いから私は絶対触らない」と言って手を引込めて一度もジジに触れようとはしなかった。
確かに、犬をよく知らない人がグレートデンのような見た目に迫力のある犬を見たら触ろうとは思わないだろうけど、犬を知っている人ならジジのような温厚なタイプを安全な犬だと見抜けます。そして上手に接します。

犬が怖くて触れない人が、どうやって連れ去ろうとするのか?
暴力でいうことを聞かせようとするかもしれない。

あのおばさんは、ご主人が飼っていた犬に恐い思いをしていたのかも。
犬に対する恐怖を大人しいジジに対して攻撃して必死に隠そうとしていたのかもしれない。










こだわり

ジジにはお皿の盛り付けにこだわりがあります。
このように缶詰のお肉とドライを分けてあげます。
049_convert_20140123123219.jpg
全部混ぜるとあまり食べてくれない。

多分、ドライより好きな缶詰のお肉だけを堪能したいのだと思います。
ドライは満腹感を満たすだけ?

缶詰はデビフのラム肉です。
湯煎して温めたら、人肌にまで冷ましてからあげます。
湯煎すると固まっていた油が溶けてお肉がきれいに取り出せるということと、
少し温めてあげるほうが胃に優しいらしい。
犬の祖先ともいわれるオオカミは、体温のある生きた獲物を捕って食べていることから、常温より少し温めてあげるのがいいと聞いたことがあるので試しています。
じじ丸は冷え性なのか、寒いとおなかを壊すので温めてあげるとうんちの調子もいいです。
ドライフードはホリスティックレセピーのラム&ライス 小粒です。粒が大きいものは好きではないようです。
本人もラムが好きなのでラム尽くし。


キキはしっかり混ぜてあげないと残します。
048_convert_20140123124517.jpg
彼女は飽きっぽいので毎日いろんな味の缶詰に変えて与えています。
今はチキンが好きみたい。
今日はデビフのささみ&さつまいもです。
今回ドライは『日本犬 柴専用 チキン味』です。
キキはドライだけだとうんちが固くて便秘になりやすいのです。
彼女の場合、缶詰を混ぜるとお通じがよくなるようです。


ホリスティックレセピー ラム&ライス 飽きた。
ロイヤルカナン 柴犬専用 飽きた。
でもジジがボロボロこぼしたホリスティックレセピーなら興味ある。
といった感じ。

ジジはいつもボロボロこぼして食べるのでトイレシートを敷いています。(もごもごしながら水を飲んだりキキの餌に興味を示したり落ち着かないからこぼれるのです。)
この後トイレシートたちは本来の役目を果たしてからさよならします。
054_convert_20140123130104.jpg

キキが来たばかりのころは、ジジが食べ終わったらキキにあげていました。
そうしていたらキキが待つのに飽きて食べなくなってしまう。
最近はジジが食べ始めたらキキにあげます。

最近ジジは「歳よりも若く見える」と言われるようになりました。
我が家に来たばかりの半年くらいの間は真逆で「もっと年寄に見える」と言われてばかりいたのに。

今年の四月後半に入れば我が家のジジになってから一年。
元気になって二人とも写真がぶれまくりです。
023_convert_20140123131512.jpg
もう少しいい写真が撮れればなぁ。
でも楽しく遊んでるんだからいいか。

キリンの赤ちゃん

繧ュ繧ュ縲€繧ュ繝ェ繝ウ_convert_20140116183734
キキ キリン なんちゃって。

ジジさんの赤ちゃん(?)のキリンにごあいさつ。

043_convert_20140116192047.jpg
狙ってる…。

ジジの赤ちゃん!?

ジジの口元にご注目ください。何か入っているようです。
蜿」縺ョ荳ュ_convert_20140116185519


あっ、なんか出てきた
縺ェ繧薙°蜃コ縺ヲ縺阪◆_convert_20140116185722


べろべろべ~ろ~
a1_convert_20140116190418.jpg


キリンのおもちゃを自分の赤ちゃんだと思っているようです。
a4_convert_20140116190829.jpg


一枚目の写真では大切な赤ちゃんを取られまいと口の中に入れて守っていたみたいです。
よだれでべちょべちょです。
a5_convert_20140116191010.jpg

もう誰もジジの赤ちゃんを奪ったりしないよ
でもキキにはご注意。

016_convert_20140116142102.jpg

じじ丸さん、おニューの服を着ています。

ジジのサイズに合う大きさの服はなかなか手に入りません。
この服もゴールデンレトリバーサイズなのでパッツンパッツン。
昨年にカイ●ズホームで買ったセーターは逆にびろんびろんに伸びてしまい使い物にならなかった。
今度の服はフリース生地で、首元もしっかりしたデザインなのでずり落ちることはなさそうです。

グレートデンは寒さに弱いそうなのですが、ジジはおばあさんということもあり特に気を使っています。
暖房をつけていても寒いようで、最近はいつも隅の方で小さくなっています。

023_convert_20140116143025.jpg
ジジはいずこに?

ジジを引き取った時に前の飼い主は「外で飼ってたから寒さに強いですよ」と言っていたのですが、単に犬の体を気遣っていないだけじゃないかと思いました。
短毛種には夜の冷え込みは相当こたえるのではないでしょうか?
もしかしたら、長年寒さに身を縮めていたから今もその癖が抜けなくて丸くなってしまうのかも。

その点キキには暖房が暑いらしく床でごろ~んと転がっています。
でも外に出ると寒いのか、散歩中ジジの中、待っているとぶるぶる震えていることがあります。
なのでキキも出かけるときは服を着せます。

譛阪″縺ヲ繧九→縺点convert_20140116141937
相方に服を着せてもらっている最中。「写真なんか撮ってないで早く着せてよっ」と目で怒ってます。
結構大人しく着てくれます。

気管支炎と首のズキッ!

ねこじた丸は現在ハスキーボイスになってます。
正月に風邪をひいてから長引いてしまい、しばらくの間声が全く出ない状態でした。
やっと声は出るものの、ガラガラ声で気管支炎になってしまい咳もひどい。
でも今日はいい加減たまった家事を片付けたいなぁと思い起きたら 首寝違えた~
それでも無理やり掃除洗濯いろいろやってたら余計痛めてしまい、咳をするたびズキッとなって収まるまでに3~5秒くらい身動きが取れない。
またそこへジジ&キキがべたべたに甘えてくるので安静にして早く治すべきだったと後悔。

明日は大人しくしてます。




<報告>

リンクに『サークルマムの活動日誌2』さんと『ほっとちゃこ』さんが加わりました。
こちらもぜひご覧ください。