手風琴街便り♬♩♩♫♪

里親募集中!

サークルマムで里親緊急募集中の犬たちです

 里親募集① 
仔犬たちのお父さん犬とお母さん犬です。
025.jpg
とても優しい性格のわんこさんたちです。
里親募集②
仔犬たちです。全部で五匹。2匹をサークルマムで、3匹をいわたわんこで引き取りました。
035.jpg
077.jpg

027.jpg
026.jpg
028.jpg
シェルテイMixの仔犬
オス 2ヶ月半 毛がモコモコ
元気で可愛い仔犬です


里親募集③ 

10才のコーギーと 10才のダックスが 空き家に残されています

高齢の飼い主さんが倒れて入院、コーギとダックスが残されました
現在は 不憫に思った近所の方が餌やりをしていますが もう1ヶ月も
通っているので限界との事

この方は好意でやって下さっているだけなので これ以上のお願いは
出来ません
飼い主さんは 処分に出す事を承諾しているとの事で 2匹の命運は
尽きようとしています

迎えて下さる家庭を 緊急募集
行き先がなければ処分に出され 気の毒な最期となります

皆様のご協力をお願い致します


写真等は詳細が判明次第、掲載します



犬猫を希望の方は必ずお読みください

ご高齢の希望者さんは、後見人等の若い世代のサポートが受けられる方に限らせていただきます。

★ 家族全員の同意があること。
 終生家族の一員としてお世話をしてください。

★ 持ち家 またはペット可の賃貸住宅にお住まいの方に、限らせて
  いただきます。  ( 賃貸住宅にお住まいの方は、ペット飼育を
  明記してある契約書のコピーを 取らせて頂きます )
  室内で ご家族と共に暮らす環境を 希望しています

★ 子犬・仔猫の場合、お留守番の少ない環境である方が望ましい

★ 毎年の狂犬病予防接種・混合ワクチン接種・フィラリア予防を
  実施してください。

★ これ以上不幸な命を増やさないため、去勢・避妊手術をお願い
  します ( こちらで去勢・避妊手術を実施した場合は費用の
  一部負担を、お願いしています )

★ 鑑札・迷子札などを装着してください。

★ 犬が迷子になった時は、早急に保健所及び警察署に連絡して下さい

★ 基本的に犬・猫の引渡しはご自宅へ伺わせていただきます。
 ( 飼育環境の確認のため )

★ 譲渡の際には誓約書へサインをして いただきます。

★ 犬・猫の譲渡は先着順ではありません。
 ( 飼い主さんとの相性や、条件を考慮して決めさせて頂きます )

★ 1週間~10日間程度のホームステイ( お試し期間 )を経てからの
  正式譲渡とさせていただきます。

★ しつけの無料相談会もありますので、詳しくはお問い合わせください。

 以上は今まで不幸だった子たちに幸せに暮らして
  もらう為の約束事です。

※ 遠方からもたくさんのお問い合わせをいただいております。
  大変ありがたいのですが、サークル・マムで保護している
  ワンちゃんたちは、各地の保健所及び役所等から引き取った犬
  虐待の通報を受けて保護した犬など不幸な犬たちが多く、
  トイレのしつけなどが出来ていなかったり、飼い主に捨てられ
  心に傷を負っている犬がほとんどです。
  環境の変化に驚いて脱走してしまう犬もいます。
  その犬達の状態をご理解頂けた上での譲渡とさせていただきます。
  何かあった時にすぐに対処できるよう、譲渡は近県の方にお願い
  したいと思います。
  遠地の方は、お住まいの地域の愛護団体・保健所にも新しい家族を
  待っているたくさんのワンちゃんがいます。
  ぜひ、お近くの愛護団体・保健所にお問い合わせください。

以上の内容をよく読んでいただいたうえで、希望のワンちゃん
ご住所(○○市△△町)・氏名・連絡先・家族構成などを記入して
メールフォームよりお申込みください。

携帯からご覧いただいている場合は、携帯対応メールフォームから
必要事項を記入して、送信してください。

必ずお返事を差し上げますので、何日か経っても連絡がない時は
申し訳ございませんが、もう1度お願いします。



あしながさんとして、ご支援下さる方は、画面のメニュー
< あしながおじさん募集 > をご覧下さい。
募集中の犬の画像が見られます。
いずれも、老犬・障害・病気治療中の犬達です。

飼い主に見捨てられ心が傷ついている犬
虐待に遭い、心や体が傷ついている犬
病気で余命が無い犬、などが皆様のご支援をお待ちしています

ご理解・ご支援を、お願い致します。


※サークルマムの活動日誌2から転載させていただきました。

犬を希望の方は、『サークルマムの活動日誌2』のメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

26日譲渡会

ねこじた丸の悪い癖はいっぱいあります。
そのうちの一つが『写真を撮り忘れる』こと。

またしてもやってしまいました~


26日の譲渡会では、モーモー・ブラザーズ&シスターが勢ぞろいしました。

仔犬の成長の速さには恐れ入りました。
クーネルはもう体重が3キロ超えだそうで、みんなでっかくなっていました。

3頭みんな無事に素晴らしい家庭が見つかりそうだし、よかったよかった~


と思いきや、また別の所から仔犬の引き取り依頼が入ったとマムさんから教えてもらいました。

シェルティーのミックスっぽい仔犬たちです。
全部で五匹生まれ、サークルマムさんで2頭、いわたわんこさんで3頭引き取ったそうです。
077.jpg
この子たちも里親募集をしています。
詳しくはサークルマムの活動日誌2をご覧ください。
飼うための御約束事があります。

不妊手術の最大のメリットは、不幸な犬を生み出さないことです。
生まれてくる仔犬たちも不幸。
産んだ母犬も不幸。

不妊手術を怠る飼い主さんたちに、どうか動物の気持ちになってほしいです。

あなたの犬は本当に「子供が欲しい」と願っていると思いますか?
あなたの犬は本当に「大切な子供を奪われて平気」と思いますか?

犬や猫は人間とは違い、「子供がほしい」と思うことはありません。
発情は本能であり、動物にとって非常にストレスとなります。

犬は本来、半年に一度交尾しますが、これがかなわないとストレスが溜まってしまい、人を襲ってしまうこともあります。
不妊手術をしていない犬は独特のニオイがあり、欲求がなくてもそのニオイが周りの犬を誘ってしまいます。

避妊・去勢手術で性衝動の素を除去できます。

自分の愛犬が人(またはよそのペット)を襲って取り返しのつかないような大けがをさせてしまった
愛犬が生殖器系の癌になり、高額の医療費がかかってしまった
そのようなトラブルや金銭的な観点から考えても、避妊・去勢手術にはおおきなメリットがあります。

本当なら愛するペットのためを思って手術を受けさせてほしいと思いますが、飼い主さんたちにもさまざまな考えの人たちがいます。
でも、いろんな角度から見ても避妊・去勢手術には大きなメリットがあるため、どうか手術を受けさせてほしいと思います。

健康な身体にメスを入れることをかわいそう、という声もあります。
確かに、本当だったら必要のない事だったのですから、その意見もわからないわけではありません。
ですが、これ以上犬や猫が人間の手で管理しきれない状態にしてしまえば、それ以上の不幸を強いるのです。

おびただしい数の犬や猫が糞尿にまみれ飢えや病気で死んでいった死体が転がる多頭飼育崩壊の現場は、その象徴だと思います。






マックスママさんありがとうございました
暖かいお気持ちとご支援に心より感謝申し上げます
沢山いただいた缶詰は、不幸な老犬・病犬たちのために大切に使わせていただきます

携帯キキと珍獣キキラ

ぶぶぶぶぶ ぶぶぶぶぶ ぶぶぶぶぶ
103_convert_20140422183219.jpg
上映中はキキを、マナーモードにするか、

075_convert_20140422183320.jpg
電源をオフにしましょう


それでは映画『キキラ』の上映を開始します
003.jpg
004.jpg
087_convert_20140422183337.jpg
ブサイクです



 ナニこれ・・・

仔犬の里親募集中

仔牛犬

moblog_395d6a1a.jpg
117_convert_20140412002909.jpg


暖かい家族を探しています
生後2ヶ月位   
牛柄の元気な男の子 
飼う為の約束事が有ります
詳しくは 『サークルマムの活動日誌2』 をご覧ください。
 

写真

毎度どうも。ねこじた丸です。
みなさん、手風琴街に遊びに来てくださりありがとうございます。

最近気づいたのですが、キキの写真を載せると手風琴街の訪問者が一気に増えます
117_convert_20140414151017.jpg


ジジはいかがですか?
1549_convert_20140420201337.jpg
これは相方が撮影したもの。我が家に来てまだ3か月か半年くらいの頃の物かな?

我が家の忍者プッペは?(プッペはドイツ語でお人形という意味です)
1530_convert_20140420201416.jpg

忍者その2ペッパは?(ペッパはホワイトペッパーのこと)
1531_convert_20140420201442.jpg

鳥の一番好きなところはニッカポッカ履いているところです。

でも、プッペッパは小さすぎて、どちらかというとのび太君ズボン・・・

1556_convert_20140420201501.jpg
こちらも相方撮影の昔の写真。(昔と言ってもまだ去年)

ターミネーターの デデンデンデデデン って効果音が流れて着そうです。

おでん デン デ デン

でも、これってそんなにシリアスな写真じゃないんです。

ジジは散歩前にトイレを済ませてスッキリしたところ。
ねこじた丸はこの奥でジジのちゃんを処理しています(笑)

死んでればオッケーなの!?

ねこじた丸がまだ10代だったころ、飼い犬に狂犬病予防接種を受けさせることが法律だと知っていて登録しない、注射に行かない、そんな飼い主が当たり前のようにご近所さんに沢山いました。

最近では、それでも最低限、狂犬病予防接種だけはしている方が多くなったとは思いますが、鑑札・注射済票を犬に装着することが義務だと知らない人が多すぎる~っっっ
他にも「取れてしまった」だの「じゃま」だの・・・


ねこじた丸が聞くところだと、家で保管するものだと思っている飼い主さんて多いみたいです
十年以上犬を飼っているある方は、自信満々に胸を張って「家にある」と答えました(かなり偉ぶった人だったからその時は拍子抜けしてしまいました
この方、市役所にお勤めして三十●年、息子さんは警察官というのが自慢らしいけど、知らないと余計に恥ずかしいよ~

鑑札・注射済票は法律で義務とされているから、飼い主さんたちに伝えていけばいつかは定着するとは思います。
きっと、多分、いつかはわからないけど。

でも、飼い犬が迷子になった時、警察や保健所へ迷子の届け出をしない飼い主さんについてはどうなのか?
と疑問に思いました。


「届け出をしましょう」というような法律は見当たりません。


ねこじた丸は、行方不明になった犬を探す飼い主さんたちに会うと、必ず警察と保健所に連絡入れましたか?と聞きます。
「した」と答える人もいれば「してない」という人も。

ある飼い主は「老犬だし、死んでると思ったから届け出てない」と言っていました。
届け出るよう言いましたが、次に会った時まだ届け出ていなかった。
「ちゃんと届け出てください」と言うと
その人「犬って死に場所探しに行くって言うでしょ?」とか言い訳。
えっ!だから届け出ないの?


なんて自分勝手な伝説を作るんだ、この人は

確かに猫が自分の死に場所を探しに行くとは昔からいいますが、それは身を守るために安全な場所で休むためだそう。

ってか、あんたが探してるのは犬~!


それ以前に、
死んでるかも知れなかったら探さなくていいの!?

こういう人の倫理観ってどうなってるんだろう・・・

死んでいれば人に迷惑かからない?
十年以上飼ってきたペットでも野ざらし雨ざらしの死体になっていても平気?
犬がどこかで大きな事故の原因になっていても知~らない、で済ませる気なのでしょうか。

この人、探しているのかどうかすら怪しい・・・


こういう人の気持ちはわからないし、わかりたくもない。

こんな人には二度と動物を飼ってほしくない。

そういえば、この人保健所から譲り受けたと話していた。
保健所では講習を受けないと譲渡してもらえないはず・・・
講習の内容なんて耳に入らないのか。
家族にも話さないのか。


迷い犬を保護して、そのまま届け出ずに自分の犬として飼うのは法律違反。
逮捕されます。

逮捕までいかなくても、迷い犬の飼い主の側にも届け出をすることぐらい義務付けてほしい。

探さなくても遺棄に当たらないというのがおかしい。
それって、法律が遺棄を容認しているようなものでは?
遺棄した飼い主の抜け道なのでは?

動物の遺棄は犯罪のはずなのに。



動物の飼い方でその人の人間性が露わになってしまう気がします。


キキ

蜜柑の花咲く頃に、あたちはお嫁に行きます
117_convert_20140414151017.jpg
みんな~!あたちのこと、応援してくれてありがとう
最高のパパとママができたのよさ~

051_convert_20140414150648.jpg
いっぱい、いっぱいラブコールされたのにょ~

あっ!ジジばあちゃん、あたちのママ取らないでよ~067_convert_20140414150947.jpg
あたちの嫁ぎ先についてこないでよ~?

なんかよくわかりませんでした・・・

動物愛護教育センターのパンフレットです
              ひかりちゃんです
繧、繝。繝シ繧ク+(18)_convert_20140330030834
繧、繝。繝シ繧ク+(17)_convert_20140330030812
キキです

動物愛護教育センターに関するお問い合わせはこちらまで

☆ふれあい・教育に関すること
浜松市動物愛護センター事務室
053-487-1616
fax053-487-1675
(火~日曜日/9:00~16:00)

開所式で浜松市市長 鈴木 康友さんが「気軽に来てほしい」ということを言っていました。

未だセンターのホームページなどが見当たらないせいか、皆さんによく聞かれる質問。

「誰でも入っていいの?」
「何曜日やってるの?」

確かに、どうなっているのかわからない・・・
すみません。ねこじた丸もよくわからなかった・・・

避難しているわけではないのですが、市長のご挨拶の通りならもう少し市民に分かりやすく情報提供していただけないかと思いますね。
センターのオープン前後に市民の皆様の感想を聞くと、期待の声も多かったのですが、それに付け加え
「ちゃんと活躍してくれるといいのだけど・・・」と、不安の声がささやかれていたのも事実
一般人が入っていいかどうかもわからないような状態では、不安の声が大きくならないか心配。
職員さんは頑張っているんですがね・・・


近いうちに、センターへ『潜入リアルスコープ』しに行ってきたいなぁと思います。
開所式の内覧会だけでは今一つわからないことだらけですから。



最近どういうわけか知らないけど、忙しいねこじた丸。
なかなか更新できませんが、センターについてわかり次第お知らせしま~す
(要は、なんにもわかんないということですごめんなさい)



そうそう、開所式の時写真に写っていたあの白いワンコさん
030_convert_20140330005408.jpg
この子
036_convert_20140330005420.jpg
このいいお尻の

                  この子
039_convert_20140330005503.jpg
こっちの「ママ~」ってしてる子はスーちゃん

白いワンコの正体はハクちゃんでした~いい仕事してますねぇ~(笑)(見切れているのに気付かなかったカメラマンのねこじた丸・・・)
そうです、マムさんやすてっぷ・マムのブログによく登場するコテハク母さんのハクちゃんです。
コテハク母さんは現在、狂犬病予防接種の会場をまわり啓蒙活動で大活躍中~

この真っ白できれいな2頭のわんこちゃんたち。
実は二人とも保護された子なんですって。



コテハク母さん、コメントありがとございました



ミラクルボーイのクーネル

「ぽくちゃんの座右の銘は、喰っちゃ寝~喰っちゃ寝~ なの」
110_convert_20140412003315.jpg

先日『サークルマムの活動日誌2』に、クーネルが登場。

ねこじた丸も全然気づかなかった驚きの発見!

なんと後ろ足の指が五本~!!!


指の奇形は割と多く見るのですが・・・

これまでねこじた丸が見たことがあるのは、片方だけ3本とか、
足袋のように2本しかないタイプ。
その子たちはみんな、繁殖場で近親交配された犬だったものだから、何らかの奇形があってもおかしくないのですが。

クーネルはホームレスのお母さん犬から生まれた仔犬・・・
117_convert_20140412002909.jpg
「ぽくって、特別なワンコだったんだぁ~」

011_convert_20140412004040.jpg
「キキ姉ちゃんのおもちゃも、ぜ~んぶ ぽくちゃんのもの。だって、ぽくちゃんは特別な男の子なんだもん」

注:今はマムさんの所でひとみちゃんを独り占めしています。




仔犬のクーネル 里親募集中!

生後一か月半
オス

このミラクルボーイのパパママになってあげたい!という方は「サークルマムの活動日誌2」をご覧ください。



悪夢の金曜

先週の金曜日の事。

前の日に寝ようと思ったらクーネルが下痢と嘔吐。
血便はなかったものの、10㎝以上もある枝がくの字に折れ曲がって出てきていたため、仔犬の腸を普通に通ってくるとはとても思えません。
草なども混ざっていたので、保護する前におなかを満たそうとして食べてしまったのではないかと思います。

腸壁を傷つけていないか心配だったのですが、血便はないのでとりあえず明日マムさんに指示を仰ごうと思い就寝。


クーネルが心配。
金曜はごんべえさんのワクチン接種とマイクロチップ装着の大切な日。

朝はバタバタ。

相方を会社まで送り届けた帰りにねこじた丸は交通事故にあいました。


交通量の多い交差点のど真ん中

黄色信号

ねこじた丸は右折待ち

相手の車は直進

相手の車は40キロくらいのスピードで走っていたそうで、正面に突っ込んできたとき「えっ!?」と思いながら気づくとスゴイ衝撃を体に受けながら、スローモーションで飛び散っていく車の破片を眺めていました。




幸い、相手の方は無傷。


不幸中の幸いはほかにも。

それは、犬たちはみんなお留守番だったこと。
いつもはどこへ行くにも犬たちも一緒ですが、たまたまその日の朝は三匹とも乗せていなかったのです。

開くはずのエアバックもなぜか開かなかった。
開いていたら車から脱出できなかったと思います。

ねこじた丸の車のオイルがダーっとすごい勢いで流れ出ていくのを見ていて、「これが自分か相手の血だったかも」と思いながらボー然と道の真ん中に立ちつくしてしまいました。

ねこじた丸が乗っていたのが軽自動車だったら、死んでいたかもしれないそうです。




今の状態では世話をする自身がないため、クーネルはマムさんに預けました。
クーネルの下痢と嘔吐は治まったそうなので問題はなかったようです。

キキはそれほど手がかからないので引き続き我が家で預かることにしました。


急いで動物病院に駆けつけ、無事ごんべえさんのマイクロチップとワクチンを接種するところを見届けることができました。

やっと犬たちの世話ができる!ジジとキキの散歩をして、遅い朝食をあげて

そのあと、午後から今度はねこじた丸が病院へ。
3時に行って5時にようやく終わりました。


ねこじた丸は頸椎捻挫でしばらくはリハビリ生活です。
身体のあちこちが痛いですが、これから頑張って通院します。