手風琴街便り♬♩♩♫♪

D51くん

26日火曜日、ラウルママさんと川根町に行ってきました楽しかった~

観光気分でしたが遊びに行ってきたんじゃないんです、一応(笑)


川根本町で一人暮らしの高齢者が入院し、家に一匹だけで取り残された柴犬の引き取り要請がサークルマムに入ったのです。

繧ュ繝」繝励メ繝」_convert_20160127202928

この寒波の影響で雪や路面の凍結を皆で超心配していたのですが、

当日は快晴やった~!超ラッキ~

途中、透き通るような青い空と薄っすらと白く色づいた山の美しい景色が目の前に現れ感激

直ぐにラウルママさんが写真を撮ってくれました
011_convert_20160127135405.jpg
柴犬がいるのは大井川鉄道が通る山奥のとっても美しい千頭という所。

役場に立ち寄り担当者さんに詳細を聞き取り。


依頼のあった柴犬は役場の方が集めてくれた資料によると7歳くらいのオス。

担当者さんの印象では様子を見に行ったときも吠えたりしなくて性格も良いそう。


昨年から飼い始めて、わずか一ヶ月ほど一緒に過ごしたところで飼い主さんが入院になってしまったらしいのです。

担当者さんによると飼い主さんは「残念ながらもう退院はできそうにないです・・・」と仰っていました。

飼い主さんから引き継いで犬を飼える人もおらず。


一人暮らしじゃなくても高齢の方と、若くても一人暮らしの方には

前もってペットの後見人を決めて欲しいです。

自分に何かあってからでは本当に遅い。

こういう時の動物の気持ちを考えられなければ

どんなに飼いたくても諦めてほしい。

周囲の人も思いとどまるよう説得してほしい。



全てラウルママさんがテキパキやり取りしてくれてカッコよかった(その間私はぼ~っとしてただけ

役場で出してもらった名産の川根茶もすかさずラウルママさん、パシャリ
012_convert_20160127135417.jpg
やっぱおいし~ごちそうさまでした。


担当の方の案内で飼い主さんのご自宅へ柴犬君の引き取りに向かいました。
013_convert_20160127135431.jpg

途中から舗装されていない剥き出しの道をぐんぐん進んで行きΣ(´Д`lll)エエ!!

014_convert_20160127135443.jpg

そしてやっと出会えた柴犬君!わぁっ抜け毛が!(笑)

015_convert_20160127202947.jpg

この写真見るとキャリーに入る気満々???

中に入れたおやつ目がけて、あっさりと入ってくれました。

016_convert_20160127135535.jpg
明るくてフレンドリーなよい子です

飼い主さんが入院してからずっとご近所の方が毎日

餌と水を上げてくれていたそうで、

それだけでもありがたいのに散歩まで行ってくれてたのだそうです。

でも、民家が立ち並ぶ場所から孤立した山の中の竹やぶの中にひっそりと佇むお宅でしたから

近所の方でも歩いて直ぐいけるような距離ではありません。

毎日本当に大変だったと思います。

これまで柴犬君のお世話に通ってくださったご近所の方、川根町役場支部の担当者さんも

ありがとうございました&お疲れ様でした。



帰り道、偶然SLが通って汽笛をぽーっぽーっと鳴らしてる!

本当ツイている!
017_convert_20160127135545.jpg
ガードレールから頭が覗いているのがわかりますか?

でも、何よりも一番ツイていたのはこのわんこくん。

誰にも存在を気づかれずにいたら鎖に繋がれたまま最悪餓死していたかもしれません。

でも、ボランティアへ連絡をもらい、こうして引き取ることができた。


そんなわけで(?)柴犬君の仮の名前は『D51(デゴイチ)』くん


マムさん宅に到着してからシャーシャーと早速マーキングしまくりですた(笑)
018_convert_20160127135554.jpg
マムさん、よろしくお願いいたします

今回の写真はすべてラウルママさんの提供でお送りしました

ラウルママさん、長旅お疲れ様でした


家に帰って調べてみたら、

D51は大井川鉄道には走っていないんですって

鉄道の事何も知らずにすみません。

でも、気にしな~い、気にしない

デゴイチ君もD51みたいに人気者になれるといいな


川根はとても美しい所でした。

車で行っても良し!SLで行くなら尚のこと良し!

今度行くときは川根温泉にのんびりつかって大井川を眺めたいなぁ

スポンサーサイト

雪の結晶に乗って・・・

心の準備はしているつもりでした。

退院してからたった3日。

日付をまたいだころに容態が変わり、

そのまま静かに息を引き取りました。

111_convert_20160123114850.jpg
マムさん、ラウルママさん、チョビアルママさん、が最期のお別れに来てくださって

ごんさんを囲んでごんさんの思い出話をしました。

あさこも一緒に輪に入ってお話を聞いてましたよ。



ごんさんは寝たきりの状態でうちに来たもののあさこよりも順位が上らしく

あさこは遠慮してそばに近づけませんでしたが、

皆さんが帰った後にあさこがごんべえの鼻をペロペロと優しく舐めているのを目撃。

動物にも仲間を見送る心が備わっているんですね。



朝、ごんべえを保護した場所を通ってから火葬場へ。
112_convert_20160123114911.jpg
滅多に道路が白くなることがない浜松ですが、朝から雪が降っていて風も強く本当に寒い日でした。

きっとごんべえは今頃、雪の結晶に乗って虹の橋を渡っているのかな

寒い日の朝にやってきて、また寒い日の朝に旅立って

ごんさん、まるで北風小僧の寒太郎みたいね。

本当に今さらだけど、寒太郎って名前も良かったかも(笑)


1月19日ごんべえ永眠

これまでごんべえにご支援くださった皆様に、ごんべえに代わって心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。

おかえり、ごん

(062_convert_20160117040005.jpg
ごんが帰ってきました。

こざっぱりしてしまいましたが、正真正銘ごんさんです。

もとから可愛い顔をした犬なのですが、丸刈りになったらなんだか子狐みたい。


病院から自宅に帰るまでの車の中、

赤信号の度に何度も振り返ってごんさんが大丈夫か確認。

ごんさんはこちらをじ~と見つめていて、

「ちゃんと生きてるから安全運転してよね!」と言われているような気がしました(笑)

 太くもなく、細くもなく・・・

本年も手風琴街をよろしくお願いいたします
2016
IMG09312.jpg

このあいだ散歩中、近所に住むブラジル人のご夫婦とそのお友達があさこと遊んでくれました。

ご夫婦の方は日本に来てまだ日が浅いらしく慣れない日本語で

「ほそい?ん?ほそい?」と言うものだから

内心『いや、どっちかっていうと太いです』と思ってたら

そのご夫婦の友だちが「まるい?まるいだよ!」

三人は「そうそう!まるい!まるい!アサコ~アサコ~」とあさこをナデナデ(笑)

そうそう!あさこは丸いのであって、太いんじゃないんです(笑)

あさこもご満悦の表情でした(* ´ ▽ ` *)