手風琴街便り♬♩♩♫♪

フィラリア

保護した時すでにごんべえさんもフィラリア強陽性と検査結果が出て、

その時の獣医さんのお話によると、

毎月一回通年で駆虫薬を投薬し、強陽性から陰性に転化するまでに3~4年ほどかかるのだそうです。

「可愛い」とか「番犬にしよう」なんて考えだけで、知識なしに安易に飼って病気予防もしないのは残酷なことですね。
060_convert_20140322233657.jpg

そして、あさこ。

017_convert_20160425092253.jpg


あさこも保護されたときすでにフィラリア症に感染していた子だったのだそうです。

それから、長い年月マムさんがずっと欠かさずに根気よく毎月投薬してくれていたおかげで、

昨年4月に行った検査で、強陽性から弱陽性になっていました。

そして、今年の検査結果はというと・・・

陰性です。

2012年7月にあさこが行政から引き出されてから、昨年11月我が家に正式譲渡が決まるまでの間に、

どれほど多くの方がこの子に温かい支援を差し伸べてくれたのかと思うと感謝せずにはいられません。

投薬をしてくれたマムさんとご支援くださった皆さんがあさこをフィラリア陰性に導いてくれたと言っても過言ではないと思います。

本当に陰性聞き間違いではありません。
019_convert_20160425092312.jpg
フィラリアになるとどんな危険があるのか分かりやすい説明を見つけました。


『いったん心臓に到達した虫は長さ30センチにもなり、5年から7年間も肺動脈内で生きてうごめいていて、それが毎夏蓄積されていくので、その間に肺動脈硬化や塞栓それに伴う水腫、炎症などが起きていずれ全身循環不全状態を来たして、つらい病態になっていくという、とてもかわいそうな病気なのである。』


うん、本当にかわいそう。

長さが30㎝もある虫が心臓の中でうごめいていたら、心臓はボロボロになってしまいます

駆虫薬で虫が死んでも、その死骸は手術で取り出さない限りはそのまま残っていて排出されることはないんですって。

それで、死骸が血管の中で詰まって突然死に至る危険があるのだそうです。

だから、あまり胸がドキドキしちゃうと良くないんですって。

フィラリアって本当に厄介ですね。

なので陰性になったとはいっても、今後も生活する上で気を付けてあげなければなりませんし、

まして、2度とフィラリア症にしないよう予防を心掛けていくのは当然ですよね。
028_convert_20160425092346.jpg

スポンサーサイト

もうじキキねん日

(*´∀`人 ♪キキちゃん家からお便りが届きました。

001.jpg
ジジママさん、ジジパパさん、あさこちゃん
みんな元気ですか〜〜^ - ^?
私達は3人⁉️とも元気にしてますよっ!

忙しかったお彼岸と卒業シーズンが終わり、4月は仕事も少なめで、キキ❤️と一日中まったり出来る日が増えるので嬉しいです‼︎
また、一月後には母の日が控えてますけど・・・(; ̄O ̄)

母の日と言えば、キキ❤️が我が家に来て2年になります♪
早いです!早すぎです!
幸せすぎです!!!

2016年4月キキ

002 - コピー
キキがいてくれれば毎日がお花見みたいなものと仰るキキのパパママさん。

647_convert_20160422170231.jpg

キキちゃん絶対これ「絶好調だぜ、イェ~イ!なのよさ」って言ってる顔だわ(笑)

005.jpg

キキママさんはずっとキキ日記をつけていて、先日なんと3冊目に突入したそうです。

003.jpg

飼い主が一向に迎えに来ない迷い犬、

人間の身勝手な都合で簡単に遺棄や飼育放棄された犬、

飼い主次第で運命が左右されてしまう。


日本の法律ではまだ物と同じ扱いを受ける動物たちの命ですが、

決してその子たちに愛される価値が無いのではありません。


みんなその子はその子しかいなくて、代わりになる子なんていない。

その上私たち人間よりも犬の生涯は短いから、悔いのないように、一日、一日がとても貴重。



・・・なんか、何が言いたいのかまとまらなくなってきちゃいましたが

でも、とにかく、人間も動物もみんな幸せなのが一番

キキちゃんの瞳にクッキリハッキリ家族の絆が映って見えます。

送ってもらった写真を見ていたら、

犬と暮らすってこんなにも楽しい事なんだよ!と、多くの人に知ってほしくなりました。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°

今回の熊本・九州を襲った震災で被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に
救援活動に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

手風琴街便り




かびんぼう

先日実家からお花を分けて貰いました。

丁度良い花瓶がないので、その辺にあった空き瓶に活けたらちょっとビンボーくさい

ビンボーな花瓶なので『かびんぼう』と言う造語作っちゃったりなんかして。

あいすまん。我慢してくれ、お花くん(ちゃん?)よ(笑)
009_convert_20160324001529.jpg
岩合さんの猫カレンダーを添えたら少しはおしゃれに見えるかと思いましたが、なんだか遺影みたいになってしまいました。

こういうバラとか菊かダリア(でしょうか?)みたいな花弁が多い品種改良されたお花は花粉とかそういう繁殖するための器官はないんでしょうかね?

それっぽいものが見当たりませんが?