手風琴街便り♬♩♩♫♪

木に生る仔猫の日曜日

aちゃんbちゃん、ステイ決定!

005.jpg

二匹とも毎日毎日、飽きもせず仲良くケンカしてます。



26日、久しぶりに開催されたにゃむ譲渡会に参加してきました。


緊張で二匹ともベッドの下に隠れているので今日はダメか~と内心諦め半分でした。


もう今日は久しぶりに開催された譲渡会を楽しんで帰ろうと思っていたら…


突如ご希望が入りました。



ご希望の仔猫をお伺いしたところ、


希望者さん、初めは1匹迎えるおつもりで来場されたのだそうですが、


姉弟2匹仲良くしているのを見て引き離しては可哀想と配慮してくださり


一緒に迎えてくださるとのこと。



以前書きましたが、aちゃんは譲渡会の時


緊張してベットに引きこもり出てくることができませんでした。


なので、


aちゃんは譲渡会でも緊張せず遊べるbちゃんと一緒のおうちへ行けるといいね~


そうしたらaちゃんも新しい家庭でうまくやっていけるんじゃないかな~


というようなことを、実は先日ラウルママさんと話していたのでした。



保護からまだ一ヶ月、もう一ヶ月。


その間、いろいろなことがありましたが、


仔猫の保護・里親募集に協力してくださった各団体の皆さんと


ブログを見て応援してくださった皆さんに心から感謝します。


7月に入ったらaちゃんbちゃんそろってステイに行く予定です。


(一応まだ正式譲渡にもなっていないのに気が早いねこじた丸ことジジママ)





今回、仔猫を連れて行ってたので、お留守番していてくれたあさこ。


帰ってきたら、仔猫たちと遊んでくれました。


あさことaちゃんのやり取りをご覧ください。



セリフ:aちゃん『おばさん、ボクが遊んでやってもいいよ』

セリフ:あさこ『お、“おばさん”って誰のこと!?』

179.jpg

 

あさこ: 『“おばさん”って誰のことっっっ』

aちゃん: 『ご、ごめんなさ~い!!!』  180.jpg



aちゃん: 『でもあさこはもうオバチャンの歳だろっ!ライダーキーック!!!』

195.jpg




あさこ: 『図星です』

aちゃん: 『まあ、ボクから見たら誰だってオバチャンだけどな』

183.jpg

隣にいる人はオバサンではなく“オジサン”です。





新しい家族との暮らしの夢を見る仔猫たち


162.jpg


115.jpg












スポンサーサイト

仔猫のcちゃん正式譲渡

仔猫のCちゃんが18日土曜日、正式譲渡になりました。


保護から一週間もしない内に

こんなにも愛情たっぷりの良いご家族に巡り合えて迎えていただき、本当にラッキーな子です。

ご家族皆さんが毎日親身になってお世話をしてくださいます。

今後のワクチンや去勢手術、完全室内飼育についても

ご希望を頂いた時点で既にご了解いただいていましたので安心です。


新しいお名前は

そらちゃん
047_convert_20160620143630.jpg

そらちゃんも新しいご家庭が気に入りすっかり馴染んでいる様子。



Kさんご家族の皆さん、やんちゃ坊主ですがそらちゃんをどうぞよろしくお願いいたします。

どうか末永く元気にお幸せに



キキちゃんとおさんぽ

先月、キキちゃん家と一緒にお散歩に行きました

キキちゃんは譲渡から2周年です。

ききちゃん、おめでとう

すっかり品のあるお嬢さんという印象。

キキママさん曰く、『雅なワンコ(笑)』。

親ばかじゃありませんよ、本当に気品のあるワンコなんですよ(笑)

キキパパママさんご自身がとっても素敵なご夫婦なので、

キキちゃんもパパママの色に染まったのですね

131_convert_20160606104041.jpg

今回は、清水のあたりを散策。

126_convert_20160606104009.jpg

キキパパママさんお勧めの川村農園カフェさんという所でトマトジュースを飲みました。

091_convert_20160606103733.jpg

毎度のことながら、飲みかけの写真で失礼~(笑)

092_convert_20160606103810.jpg


097_convert_20160606103851.jpg

用宗海岸(多分)

102_convert_20160606103922.jpg

変わったトマトの詰め合わせとプチトマトをお土産に買って帰りました。

136_convert_20160606104101.jpg

キキちゃんのパパママさん、お誘いありがとうございました。

とっても楽しかったです(o‘∀‘o)*:◦♪

仔猫の里親募集

Aちゃん
オス
中毛になると思います
キジトラ
尻尾が短いのが特徴的です
内気なところがありますが、普段はとても愛想が良い子です(獣医さんのお墨付き)

052_convert_20160618162042.jpg

畳んだ洗濯物を散らかすのが趣味です。

013_convert_20160618162140.jpg
Aちゃんはこんなだらけた感じでテレビを見るのが日課。



Bちゃん
メス
長毛になると思います
キジトラにサビ柄が混ざったきれいな模様です
すっかり甘えん坊になりました
兄弟思いの優しい子です。
087_convert_20160606103307.jpg

おでこに茶色いマークがあるのが特徴です
060_convert_20160618162227.jpg

趣味は人間観察。本棚の上は穴場だそうです。

040_convert_20160618165357.jpg

5日譲渡会様子

前回も少し書きましたが、

5日、にゃん友clubさんの譲渡会に仔猫たちを参加させていただきました。

3匹全員参加させていただいたのですが、

Aちゃんだけ緊張して

ラウルママさんが入れてくれたベットに入ったっきり出てきませんでした。

完全に引きこもりのAちゃん。

Cちゃんが心配そうに覗き込んでいます。
088_convert_20160610155154.jpg
Cちゃん「兄ちゃん・・・部屋から出てきてくれよ・・・」


今回の譲渡会で来場者さんからCちゃんをご希望頂き、

とんとん拍子でお話が進み

11日にステイに行くことが決まりました。


この写真もほとんどBちゃんとCちゃんしか映っていません。

ベッドの中の手前の方がBちゃん。Aちゃんはその奥に入っていて隠れてほとんど見えません。

ベッドの横にいるのがCちゃん。
090_convert_20160610155212.jpg

7日、保護して一週間。

A、B、Cちゃん三匹とも元気に育っているので、

ラウルママさんに車を出していただいて一回目のワクチンを打ってきました


ラウルママさんには仔猫たちの捕獲を手伝っていただき、

その日のうちに病院に検診に連れて行ってくださったおかげで

直ぐに譲渡会に参加することができ、

その譲渡会もラウルママさんが参加の連絡をしてくださり、

保護から一週間もしないうちに一匹ステイまで決まりました。

譲渡会に参加するには、病院で健康状態をチェックして駆虫してもらったりする必要がありますから。



そして11日、Cちゃんはステイに行きました。
126_convert_20160606103222.jpg
どうかうまくいきますように+゚。*(*´∀`*)*。゚+

お知らせ

仔猫のBちゃんですが、

前足の指を怪我してしまいました。

病院でレントゲンを撮ってもらったらポッキリ外れてました。

脱臼だそうです。

この写真では右側、右から二本目。
040_convert_20160610155018.jpg
レントゲンって、左右逆に映るんですね。

写真では右側ですが、実際に脱臼しているのは左前脚左から二番目の指です。


原因は、座椅子で爪とぎしていた為。

ちゃんと爪とぎあるのに~

やってほしくない事をやって怪我するのがおこちゃまなんでしょうね(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!

そんなこんなで

治療の為、Bちゃんの里親さん募集は一旦お休みします


087_convert_20160606103307.jpg



Aちゃんもちょっぴり体調不良のため、お休みします。

169_convert_20160531224308.jpg

「Aちゃんは里親募集中」と出てしまいましたが、

さっき見たら下痢ピー。


2匹とも当分は療養してもらい、

体調を万全に整えてからまた里親さん募集を再開しますので

どうぞよろしくお願い致します。

木に生る仔猫は気になる仔猫

仔猫たちの里親さん募集中です

Aちゃん 男の子 長毛 尻尾が短い

169_convert_20160531224308.jpg




Bちゃん  女の子 長毛 おでこに茶色いマークがあります

Bちゃんは怪我の為、一旦里親募集をお休みさせていただきます

087_convert_20160606103307.jpg





Cちゃん 男の子 短毛 しっぽが短い
ステイが決まりました

126_convert_20160606103222.jpg




5月30日
夜、近所の公園で犬の散歩をしていたら、うずくまっている大人の猫がいました。

犬がいるのに全く逃げる気配がなく、でもフーシャー威嚇している。

もしや怪我して動けないのではと思いました。

だとしたら助けてやりたい。

この時点でどこかから仔猫のような声が聞こえた気がしたのですが、

辺りにはほかに猫は見当たらないので空耳だったかな?と思いました。

一旦、犬を連れて帰って出直すことに。

おやつを持って相方が公園に見に行ったところ、

その猫はお腹がすいていたのかおやつをガツガツ食べて

そのあと少し近寄ってみたら走って逃げてしまったのだそう。

怪我はしてなさそうだったのでよかったです。


5月31日
次の日の朝、

それでも仔猫の声がしたような気がしたのがなんとなく気になっていて、

また犬の散歩がてらきょろきょろしていたら、

やっぱりどこかから仔猫の鳴き声が聞こえてくる・・・。

しかもなんだか助けを求めるような必死な鳴き声。

あっちこち探したけど見当たらない。

何気なく頭上を見たら・・・いた。木の枝にしがみついている。

「ニャー!ニャー!」と助けを求めていてスンゴい目が合っている

あさこが仔猫に吠えたので(あさこの鳴き声を聞けるのは超レアです。)

一旦、犬を家に置いてこようと帰ろうとしたとき

後ろから『マッテー!タスケテー!イカニャイデーェ!」とでも言うように

仔猫が必死で鳴いていて

「すぐ戻ってくるから!必ず助けるから!」と心の中で言いながらも、

走り去るその姿はまるで置き去りみたい・・・


そのあと、犬を家に置いてキャリーとその辺にあったチー鱈を持って公園へ戻ると

さっき見た場所に仔猫がいない。

下りられたのかな?と周辺を探してみたのですが、やっぱりいない。

もう一度木の葉の中を見つめていたら・・・

よく見たら枝先の方まで移動しているのに気づきました。

さらに、よ~く見たら一匹だけじゃない事にも気づき、

これは一人で捕獲するのは難しいとわかりました。

近くに住んでいるラウルママさんに応援を頼んだら、

脚立やケージやおやつなどの捕獲アイテムを持って直ぐに駆けつけてくれました。

ラウルママさんが脚立にヒョイッと上って、

果物を収穫するように(笑)慣れた手つきで仔猫を捕まえてくれました。

下で仔猫を受け取りキャリーに入れようとしたら仔猫が暴れ逃走。

靴が脱げそうになりながら走って、追いかけ、走って、追いかけ、追いかけまくり

最終的に無事3匹捕獲。

(ねこじた丸が走って仔猫を追いかける姿を笑って見ていた野次馬のオッサンども、しっかり聞こえてたぞ。許さん)

この三匹以外はいなかったので、とりあえず捕獲作業を終了。


母猫は結局戻ってくることはありませんでした。


きっと、経緯は犬に追いかけられたか遊んでいるうちに降りれなくなり、

母猫が下で仔猫たちが下りてくるのを待ちながら必死に守っていたんだど思います。


ラウルママさんと手分けして仔猫を家に連れ帰りお世話することに。

本当にありがたい。とても心強いです。


その日の午後、ラウルママさんが一緒に仔猫たちを検診に連れて行ってくれました。

健康状態は良好で、検便からも病原体は検出されませんでした。

ノミがいたようで、フロントラインプラスで駆虫してもらいました。

心雑音もなく、特に健康状態に問題はなさそうでしたので、

直ちに里親募集開始。

仔猫の成長は早いですから、この時期を逃してしまうとなかなか新しいおうちが決まらないのだそうです。




6月5日日曜、にゃん友clubさんの譲渡会に仔猫たちを参加させていただいて、

早速、短毛のオスのCちゃんに希望者さんがあり、ステイに行くことが決まりました。

にゃん友clubさん参加させていただきありがとうございました。

譲渡会の様子はまた今度ご紹介します。




●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

5月31日記事のクイズの答え

137+-+繧ウ繝斐・_convert_20160606130205

137+-+繧ウ繝斐・+-+繧ウ繝斐・_convert_20160606130145

まるで忍者ですね。