手風琴街便り♬♩♩♫♪

ペット新聞

ペット新聞の掲載スペースが1ページになりました。


それを機に、4コマ漫画『さこちゃん』もスタート。




内容は


さこちゃんはゴミ捨て場に捨てられていたワンコ。


優しい人に助けられたことで、


自分の様な不運な動物を助けると心に誓います。


でも、いつもさこちゃんはタヌキに間違えられてばかり。


キャプチャ


次回ペット新聞犬編は


求人情報誌チャンスの

7月14日、21日号 です。


静岡県内のコンビニやスーパーで無料配布されています。




月一回一話のペースで進行していきますが


記事の方もあるので締切が守れるか今からハラハラ…


超超超素人が描いたので、


絵のクオリティは絶対に期待しないでくださいね。


やっつけ仕事になっても堪忍して下さいね。


面白くなくても怒らないで下さいね。



既にすごく後ろ向きな自分がいます…。


でも、ほら、なにせ素人が描いたのだから!


と、開き直る自分もいます



スポンサーサイト

木に生る仔猫の気になる新生活

木に生る仔猫たちのぷーすけ君とぷーこちゃんのおうちから


写真が届きました


060ab.jpg

『おかげさまで、二匹とも元気で毎日走り回っています。すっかり我が家になれたようで、こんなにだらしない格好で寝るようになりました。』


と、ぷーすけ君&ぷーこちゃんのママから。


文字通りのびのびしてますね(笑)


二匹とも野良猫のお母さんから育ったとは思えないくらいのびのびリラックス。





実はすてっぷにゃむの譲渡会に参加した日、


以前に譲渡した仔猫の里親さんが


現在のお写真を持って会いに来てくださいました。


旧名はキティ。現在はココちゃん。

動物病院の診察台にて

014_convert_20150220150157.jpg

真冬の寒空の中独りぼっちで、


余所の車のエンジンルームで暖を取っていたところを保護した仔猫です。


とても人懐っこかったです。


保護した時、ガリガリに痩せて、猫風邪で顔がぐちゃぐちゃに汚れていました。


健康状態が悪く直ぐには里親募集できなかったのですが、


この子もまたあっという間の速さで希望が入りました。




その後、今度は里親さんが猫を保護して、里親さん探しをしていたのです。


そのことを知った時はとてもうれしかったです。



ボランティアってどこかから報酬がもらえるわけでもなければ、


時には腹の立つこともあり、報われないときもあり、正直辛いことばかりですが、


動物愛護の輪が広がった瞬間というのは何物にも代えがたいです。




里親さんは保護した内の一匹を家族として迎え入れたのだそう。


持って来てくださったお写真

イメージ (2)

助けたい!という思いを行動に移す人が増えますように。


そして、いつの日か動物保護活動が必要のない世の中になりますように。






7月7日、東京駅の続き

チワワ~ずの引き取りの際、


ラウルママさんが新幹線のチケットの手配や先方とのスケジュール調整を行ってくださいました。



昼食は帰りの新幹線の中で駅弁を食べました。


たこ飯! I

010.jpg

でも、暑さで少し気持ち悪くなっていたので


殆ど家に帰ってきてから食べました。


夏は苦手です



お土産は、アリンコというお店の東京駅限定ロールケーキ。


生地は卵白だけを使用して作られているのだそうです。


015.jpg


出かける時、


あさこが珍しく玄関にへばり付いて一緒に出掛けたがっていたのですが、


当然あさこは引き取りには連れていけない。



汗だくになって帰宅し、


冷房が効いた涼しい部屋から出てきたあさこを見て


「ほら、家にいてよかったでしょ?」とあさこに言いました。


でもあさこは私と一緒にいたかったんだよね。


あさこ、長時間お留守番してくれてありがとう。


はい、お土産。ちょびっとだけね。

016.jpg

017.jpg 018.jpg 019.jpg 020.jpg

一瞬で口の中から消えたぁ・・・


これじゃあお土産じゃなくてただの味見だわ。



そういえば、東京駅ではアントニオ猪木が目の前を歩いていきました。


トレードマークの赤いスカーフのようなヤツを首からかけてました。


一緒に写真撮ってもらおうかと一瞬思いましたが、


ビンタされたらイヤだなぁ~と、思いとどまりました。


アントニオ猪木と言えば、


トニコちゃん。

moblog_a24e1c25.jpg

(写真はサークルマムの活動日誌2から拝借)


トニコちゃんの名の由来はアントニオ猪木から来ているそうです(笑)


トニコちゃんは本当に愛くるしいワンコで、


初対面の時にもおなかを見せてくれて撫でさせてくれました。


お邪魔した時は必ず歓迎してくれます。


彼女もまた僧帽弁閉鎖不全症なのだそう。





しずくるママさんといわたわんこさんが一頭ずつ


預かりを引き受けてくださったとのこと。



でも、一頭まだ預かり先の見つからない子がいて、


そのあとで様態が危険な状態になったと知らせがマムさんから入りました。


僧帽弁閉鎖不全症の子です。



暑さや移動による疲れ、


そして心の負担が大きかったのかもしれないと思いました。


人間にどんな事情があろうとも、


本当に辛いのは動物の方なのですよね・・・







・・・、記事を書いていた途中。


マムさんから


「チャペ君が星になりました」


という連絡が届いていたことに気付きました。



相当悪い状態と聞いていたので覚悟はしていましたが、


引き取ってまだ一週間でした。


この一週間、この子はどんな思いでいたのだろうと考えると胸が痛みます。



チャペ君、どうか安らかにお眠り下さい。





木に生る仔猫、正式譲渡

711日、ステイ期間が無事終わり

 

木に生る仔猫のAちゃんとBちゃんが正式譲渡となりました。

 

 

新しいお名前は

 

ぷーすけ君 と ぷーこちゃん

 

面白いお名前ですね。

 

どうやらマイクロチップの挿入をご検討くださっているご様子で嬉しかったです。

 

 

 

それと、先に家庭が決まったCちゃんことそら君のお家からも

 

2回目のワクチン接種が済んだご連絡を頂き、様子も聞かせてくださいました。

 

そら君、良く食べ、良く遊び、良く寝ているそう

 

おうちの中でお気に入りの場所を見つけたみたいです。

 

お約束通り、ワクチン接種を実地してくださりありがとうございました。

 

 

 

私が個人的に保護した犬猫の譲渡先に限りですが、

 

去勢・不妊手術が終了したことを写真と一緒にご連絡いただけますと、

 

頂いた写真をキャンバス・プリントを制作し記念に送らせていただきますので

 

是非、そら君、ぷーすけ君&ぷーこちゃんの可愛い写真をお送りください。



木に生る仔猫3匹全員、無事素晴らしいご家庭に決まりました。


生体販売するペットショップやパピーミルなどから購入するのではなく、


助けを必要としている動物を家族にしてあげたいと


ご検討してくださった里親さんをはじめ皆様方、


 里親募集にご協力くださった各団体の皆様、

  

そして今回捕獲の時から大変お世話になったラウルママさんに

 

心より深く感謝申し上げます。



掲載しきれなかった、我が家でのあさこと仔猫たちの様子


060.jpg


あさこのおっぱいを探している甘えん坊のAちゃん。


なぜかいつもあさこの肩のあたりを探している。


069.jpg


236.jpg


Bちゃんは断然人間の方がいい


001.jpg


でも、本当はあさこが優しい犬だと知ってるBちゃん


055.jpg



Cちゃんがひょこっ!と出てくる動画

[広告] VPS



木に生る仔猫たち、みんなお幸せに~
























 

7月7日、東京駅

遠方からサークルマムへ3頭のチワワの保護の依頼が入り


引き取りと手続きにラウルママさんと行ってきました。



保護を依頼してきたのは、チワワの飼い主の方。


これまで長年、家族として大切に飼われてたのですが、


突如、飼い続けるのは困難な状況になり断腸の思いで手放すことを決意。


ですが、住んでいる地域の動物ボランティアに相談したもののどこからも断られたというお話でした。


この辺の事は、詳しくは『サークルマムの活動日誌2』をご覧ください。



制限がありますが、ペットはキャリーに入れて手回り品の料金を支払い乗車することができます。


でも、他のお客さんにご迷惑にならないようにしなければいけません。


003A.jpg


引き取ったチワワは


オス 14才 黒色。 僧帽弁閉鎖不全症の為、薬を服用中。茶色の子の父犬。


メス 14才 白茶色。 茶色の子の母犬。


オス 12才 茶色。 心雑音があり薬を服用中。上記2頭の間に生まれた子供。


3頭とも去勢・不妊手術済。トイレの躾済。


元飼い主さんは前もって一頭一頭のプロフィールを細かく書いてきてくれていて、


今年の分のフィラリアのお薬や、心臓のお薬、


これまで与えていたフードなども荷物に入っていました。



「本当なら飼い主である自分が責任もって最後まで見なければいけないのに・・・ごめんなさい、ごめんなさい」


そう、何度も言って泣いていました。



3頭が入っていたキャリーごと引き取りました。


3頭で一つのキャリーに入ってくるとはこちらも予測しておらず。


というか、運賃の事もありますので事前にキャリーのサイズは伺っていたのですが、


まさか・・・3頭も入っちゃうとは・・・


ごめんね。狭いね。

006.jpg

恐らく、ペットショップか繁殖業者から購入し、


元飼い主さんは犬の飼い方について知識はなく、


入手先などから受けた意見や考え方に流されてきたのだと思う。


憶測でしかありませが、3頭が親子関係にあるところからして


「不妊手術する前に一度は親になる幸せを味わせてあげなよー」と誰かに言われ、


繁殖に伴う危険を知らずに繁殖させたか。


もしくは、「子供を産ませればいい小遣い稼ぎになるよ」と、誘われたか。



父犬が僧帽弁閉鎖不全症なのは高齢というのもあると思いますが、


子供の犬も心臓に問題を抱えているところからして、


代々心臓に異常が起きやすいにもかかわらず


それを無視して繁殖させられてきたのかもしれません。



何にせよ元飼い主さんは


犬に関する繁殖や基本的な法律についての知識は知らなかったという印象でした。



鑑札・注射済票は紛失したと話していて、


狂犬病予防注射も打っていないということでしたが、


今年分のフィラリアの予防薬もあって、心臓疾患で通院しているわけですから、


多分、持病があるため免除になったのだと推測されますが、


元飼い主さんは、どういうことか理解できていなかったのでしょう。




今回の元の飼い主の方は、


可愛い犬たちを手放した悲しい思い出はいつまでも消えることはないと思います。


でも、悲しい思い出だけで終わらせないでほしい。


勿論、また同じようなことを繰り返されても困りますが。



これは私個人の考えですが、


またいつか、落ち着いて安心して暮らしていけるようになったら、


できれば、今度はその時にいる不幸な動物たちに、何かしてあげてもらえたらと思います。


できる範囲で。


そんな時は、また動物ボランティアに聞いてもらえれば、


何ができるか見えてくると思います。


 

それにしても久しぶりの東京駅。


この日は異常な暑さ。


当然駅の中も暑かったのですが、


特に、プラットホームは蒸籠の中で蒸されているかのような暑さで、


見たらラウルママさんも汗だく。みんな汗だく。



引き取った子のうち2頭が心臓に疾患があり、


この暑さでがどうにかなってしまわないか心配でした。


すぐにでもお水を飲ませてあげたかったけど、


万が一飛び出しでもしたら危険なのでキャリーを開けることはできない。



新幹線待ちで並びながら心配していると


前にいたサラリーマンらしきおじさんが


何も言わず、どっかで配っていたっぽいうちわを扇いでくれて


犬たちが入っているキャリーにずっと風を送ってくれました。


自分も汗だくなのに、なんて心の優しい人なんだろう!!!


この心の優しいうちわを扇いでくれたおじさんは


新幹線に乗るまで、ずっと扇いでくれてたんです。



あぁ、どうかこの心の優しいうちわのおじさんに宝くじ1等が当たりますように


でも、きっとこんなに優しいおじさんなら


当たった当選金も不幸な動物や世界の恵まれない子供たちに寄付するんだろうな~。


親切なうちわおじさんの顔は全く覚えていないけど、なんかハンサムだった様な気がする。


うちわおじさん、ありがとぉ~+゚。*(*´∀`*)*。゚+

(ラウルママさんも持っていた書類で扇いでくれていたことを忘れてはいけない)



大丈夫。


世の中にはこんなにも優しい人たちがいるんだから、


これからの事を心配しなくても大丈夫だよ。


浜松に向かう新幹線の中、そう心の中でちわわ~ずに話しかけました。



そういえば、この日って七夕だったんだ~


(番外編へ続く)

預かり先 緊急募集 のお知らせ

すてっぷにゃむ サークルマム より転載


仔猫の預かり先を早急に探しています

160705-1.jpg

moblog_fe90bc28.jpg

(仔猫は1匹です)

7月5日 

事故にあったのか、後ろ足が動かない子猫が保護されました
今入院中ですが、預かり先がありません


後ろ足とシッポが動かない
生後2ヶ月くらいのとっても可愛い子猫

とても痩せていて 骨に皮がかぶさっているだけの状態
もしかしたら事故に遭って動けず 何日も食べていないのかも


とりあえず入院しましたが 退院したら行き先がないので
新しい家族が決まるまで 預かって頂ける方を募集


 ケガの具合がわかりましたら、またアップいたしますが
退院後この子が安心していられる場所を確保してあげたいので
預かってもいいよ、または家族として迎えていただける方は
メールフォームよりお問い合わせください

ダヤン風の目がチャームポイント

家族として迎えたいご希望の方 預かりOKの方
すってぷにゃむのブログ メールフォームからお入り下さい
 

http://stepnyam.hamazo.tv/






チワワ3匹の預かり先も緊急で探しています 



チワワ13才のオスとメス、11才のオス、を手放す方がいます
行き先がありませんので預かりボラさんを募集

詳細は引き取って見ないと判りません
1匹でも良いので預かって下さる方を募集。
写真は届き次第掲載します


こちらはサークルマムの活動日誌2のメールフォームからお入りください

http://mamy2.blog106.fc2.com/






凛ちゃん

5月、サークルマムに凛ちゃんがやって来てまだ間もない頃


預かりのチョビアル母さんのお宅へ写真を撮らせてもらいにお伺いしました。


朝からごめんくださ~い |д゚)チラッ

034.jpg

(写り込まない様すごい横によけてくださってます(笑))


凛ちゃん、舌がぺろQだし写真でも~すごく可愛いんですが、


実際に会うともっと『わぁ~!かわいい~!』となります。




先日、久しぶりに開催されたにゃむ譲渡会の時にお会いしたら、


なんか楽しそうな凛ちゃん。


病院で、不自由な後ろ足にプロテクターの様なものを作ってもらったそうで、


スタスタ歩けるようになっていたからなのかな?


きっと、優しいチョビアル母さんと一緒にいるだけで凛ちゃんの心はルンルンなんだね♪






仔猫のAちゃんBちゃんステイにいきました

仔猫のAちゃんとBちゃん。


先日の譲渡会で希望を頂いてから一週間。


いろいろとハプニングがありてんやわんやしていましたが


3日日曜、なんとか無事に一緒にステイに行きました。


愛情たっぷりのとっても優しいパパママです


また詳しくお伝えします。

091.jpg

093.jpg