手風琴街便り♬♩♩♫♪

ぶら~り キキ一家の旅

キキは今も元の飼い主の所にいたらどんなに哀れだっただろう・・・と思います。

保護当初マムさんのお話では、キキの様子から推察するにおそらく庭で鎖につなぎっぱなしで、撫でてもらうとか声をかけてもらうようなコミュニケーションはほとんどなく、機械的に餌を与えられるだけの毎日だったのではないか、とのことでした。

キキは自分の幸せを探すために逃げてきたのかな?とねこじた丸は勝手に思っています。
脱走癖も、「あたちにふさわしい家にいくのよさ~」とずっと探していたのかも。
ずいぶんと危ない橋を渡ったものですなぁ~
殺処分直行便に乗せられる寸前だったのですよ


キキにはそんな危険な旅ではなく、暖かい家族と楽しく慰安旅行にでも行ってもらいたいものです。
半年ものあいだジジから尻尾でビシバシと行儀作法を叩き込まれ大変だったでしょう。
(家元自身が口の中の餌をぶちまけるなど、おジジ流礼法には多少疑問点があります

キキママさんからのお便り


016_convert_20140603111726.jpg

まだ10日余りのキキとの暮らし・・・
ちょっと不安でしたが、ジジママさんの大丈夫!の言葉に背中を押され
行ってきましたよ~伊東のプチホテル「マイカ」。
 ホテルのベッドにちゃっかり寝そべる姿や、ドッグランではまたまた穴掘りに夢中になる姿
サービスエリアのカフェではお利口にお座りする姿。
いろんなキキが見れて、本当に行って良かったです(*^_^*)
背中、押していただいてありがとうございました!
胸張って言っちゃいます!キキは世界一!!!

伊東ぐらんぱる公園(←かなり昭和チックな残念な感じの所^^;)で貰ったバッジがキキそっくりでした~

018_convert_20140603111756.jpg
021_convert_20140603111808.jpg
017_convert_20140603111742.jpg




譲渡後1週間目の時に様子を見に行ったとき、驚くほどにすっかり落ち着いてキキはパパママの子になっていました。
一週間、どれほど濃厚な毎日だったかがよくわかりました。
一秒は一日、一日は一年・・・


もちろん譲渡後焦りは禁物なのですが、キキがパパママと新しいことに挑戦できる状態だとすぐに分かったので、旅行の相談を受けた時に迷わずお勧めすることができました。

そしてキキの、このどや顔!(3枚目。ベッドの写真)
人の注目を常に浴びていたいキキ。
自分が何かするたびにパパとママが見つめてくれるのが嬉しくて仕方がないようです。
犬って本当に人に着く生き物なんですね~
何か困ったことがあってもパパとママがなんとかしてくれる、ってことを知っています


キキ、君は世界一だって幸せ者~

そしてバッジが妙に似合っている(笑)



関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

キキちゃん、とても10日余りとは思えない良い顔してますね~。「あたちには、パパとママがいるんだからね」って安心しきった顔です。
本当はキキパパさんとママさんのお家の子だったのに、巡りあわせが悪くて、最初はほんとのお家にこれなかったのかな。
事情を知らなければ、そんな不幸な子だったとは思えないお顔です。キキちゃん、良かったね。

どあど | URL | 2014-06-03 (Tue) 14:32 [編集 ]


どあどさんへ

ねこじた丸もそう思いますv-237
ちょっと運悪く赤い糸がこんがらがって、最初は変なおうちに行っちゃったんですよ~、きっと。
ずいぶん遠回りになったけど、これからが本当のキキの犬生ですねi-229

やはり、皆さん保護犬だと聞くと驚かれるそうですよ~
すっかりいいとこのお嬢さんになってしまいましたv-254
半年前まで、ねこじた丸の姉の食べてるパンをかっぱらっていたのに~(笑)i-278

ねこじた丸 | URL | 2014-06-03 (Tue) 18:45 [編集 ]


 

トラックバック