手風琴街便り♬♩♩♫♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんという脚

プードルのトーマス君の後ろ足は元の飼い主の怠慢のため障害を負ってしまいました。
「うひょ~!」といって甘えるの図
005_convert_20140724172533.jpg
トーマス君は後ろ足が使えない分を前足で補っています。
マムさんのお話によると前足が発達しているそうです。

人間はいつもちょっとしたことでもくよくよしてしまいますが、動物はくよくよなんてしていません。


今話題になっているこちらの動画
二本足のボクサー犬 「ダンカン・ルー・フー」というわんこの話題の動画です。

先天的な障害で両方の後ろ足を切断したのですが、前足の二本だけで浜辺を生き生きと走っています。



手塚治虫の『ブラックジャック』に、
サリドマイドによる薬害で両腕に先天異常を持って生まれてきた珠算少年の話があります。
そのタイトルが『なんという舌』。

少年は指の代わりに器用に舌を使ってそろばんの玉をはじくのですが、周囲はそれを見てあざ笑います。
教師はブラックジャックに頼み、少年の体に健康な腕を移植してもらいます。 
ですが、その腕では長時間そろばんの玉をはじくことができません。
そろばんの大会に出場した少年の腕はよいよ限界に達し動かせなくなってしまいます。
その時!少年は以前のように舌を使い計算を続行する・・・・といった話だったと思います。
(違ったらごめんなさい)


このご時世、みんな何かしら問題を抱えていると思います。
もちろんねこじた丸たちの私生活も問題が山積み
でも、彼らのようにあごを上げてしっかり前を見つめて生きていきたいと思うねこじた丸なのでした~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

本当にワンコはすごいですね。現状を受け入れて、常に前向き。
見習う事が多いです。

どあど | URL | 2014-08-06 (Wed) 15:22 [編集 ]


Re: どあどさんへ

> ダンカン・ルー・フーのこの動画、私のお気に入りなんです。
> こんなにも楽しそうに走って遊んで幸せを胸いっぱい感じているんだろうなぁ~と。
> よく見ると、尻尾でうまくバランスをとっているんですよ。
>
> ボクサーという犬種は『断尾(だんび)』と言って、仔犬の時に尻尾を切られてしまうんです。
> ドーベルマンもそうなんですが、軍用犬や闘犬などに使われる犬は感情を相手に読み取られないようにする目的で切られます。
> ですが、ダンカン・ルー・フーは幸い切られていなかったようです。
> これも飼い主さんの愛情ですね。
>
> ※国によっては美容などの医学的な目的以外の『断尾』『断耳』は禁止されているのですが、日本やアメリカではまだ禁止されていません。

ねこじた丸 | URL | 2014-08-07 (Thu) 12:30 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。