手風琴街便り♬♩♩♫♪

迷い犬ごんべえさんレポート 3

ごんべえさんは保護したその日すぐに病院へ連れて行ったわけですが、よろよろぼろぼろおじいさんだからあまりいい結果を期待しないで待っていました。
18時、結果を聞きに病院へ。
血液検査の結果はこちら
繧、繝。繝シ繧ク+(3)_convert_20140205133816
栄養が足りていないみたいですが、しっかり餌をあげれば大丈夫
内臓系もそんなに悪くないらしい。
ただフィラリア強陽性
繧、繝。繝シ繧ク+(4)_convert_20140204150128

これは予想通りの結果でした。
しっかり治療していけば4年で陰性になるそうです。
陰性目指して頑張ろうねごんべえさん。
フィラリア治療もまずは最初の一歩から。
ということでレボリューションを投薬してもらいました。

ノミ・ダニ・フィラリアの寄生虫に効果があるこの薬、肩甲骨の間にたらすだけ。
犬の心身ともにあまり負担がかからない薬。
動物医療もどんどん進んでいますね。
フィラリアもみんなで予防すればいつか撲滅できる日が来る
予防に努めている飼い主さんたちの努力を無駄にしないためにも、ごんべえさんの飼い主さんが名乗り出てこられたらこのことを説明して今後も治療をお願いしますね。

さて、問題の千鳥足。
前にも少し話しましたがX線検査の結果、変形性脊椎症?とか。
背骨が変形して角みたいにニューと出て繋がっているみたいになているらしい。
年を取るとこうなる犬が割と多いんだそう。
繧、繝。繝シ繧ク+(8)_convert_20140205144441
下手な絵ですが、確かこんな感じになっていました
椎間板ヘルニアになるおそれがあるのだそうです。
椎間板ヘルニアは手術することができるけど、こちらは背骨の下側なので手術で取り除くことはできないそう。
取り除いたとしても、結局次から次へとほかの部分もできてしまうので、そっとしておくほうがいいんだとか。
要経過観察です。
椎間板ヘルニアにならないよう気を付けなければ。

もう一つエックス線を撮ってもらいました。
ごんべえさん咳をするんですが、気管支が少し潰れて咳が出ているらしいのです。
こちらも首輪を引っ張らないよう気を付けてあげなければいけない。

目も白くなってきていて、白内障のはじめ。
まだ視力はあるそう。

フィラリア以外は、昨日ブログではなした前庭疾患も含めどれも老犬だからしょうがないというものばかりですが、やみくもに恐れる必要はないので病気とうまく付き合って日頃から観察・ケアをしてあげることが大切です。

昨日から突然の前庭疾患で船酔い状態のごんべえさん。
IMG01541_convert_20140205161404.jpg
季節によって症状が出たり出なかったりするらしいので、もしかしたら前から時々こうなっていたんじゃないだろうか?
ごんべえさんのことが知りたいです。

今はインターネットを使っていろいろ調べられる時代だけど、「ごんべえさんの家」とか「ごんべえさんの飼い主 どこ?」とか「ごんべえさん 過去の病歴」なんて検索しても出てくるわけがないのに、なぜか検索しているバカなねこじた丸。こりゃ検索依存症だなぁ
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック