手風琴街便り♬♩♩♫♪

木に生る仔猫の気になる新生活

木に生る仔猫たちのぷーすけ君とぷーこちゃんのおうちから


写真が届きました


060ab.jpg

『おかげさまで、二匹とも元気で毎日走り回っています。すっかり我が家になれたようで、こんなにだらしない格好で寝るようになりました。』


と、ぷーすけ君&ぷーこちゃんのママから。


文字通りのびのびしてますね(笑)


二匹とも野良猫のお母さんから育ったとは思えないくらいのびのびリラックス。





実はすてっぷにゃむの譲渡会に参加した日、


以前に譲渡した仔猫の里親さんが


現在のお写真を持って会いに来てくださいました。


旧名はキティ。現在はココちゃん。

動物病院の診察台にて

014_convert_20150220150157.jpg

真冬の寒空の中独りぼっちで、


余所の車のエンジンルームで暖を取っていたところを保護した仔猫です。


とても人懐っこかったです。


保護した時、ガリガリに痩せて、猫風邪で顔がぐちゃぐちゃに汚れていました。


健康状態が悪く直ぐには里親募集できなかったのですが、


この子もまたあっという間の速さで希望が入りました。




その後、今度は里親さんが猫を保護して、里親さん探しをしていたのです。


そのことを知った時はとてもうれしかったです。



ボランティアってどこかから報酬がもらえるわけでもなければ、


時には腹の立つこともあり、報われないときもあり、正直辛いことばかりですが、


動物愛護の輪が広がった瞬間というのは何物にも代えがたいです。




里親さんは保護した内の一匹を家族として迎え入れたのだそう。


持って来てくださったお写真

イメージ (2)

助けたい!という思いを行動に移す人が増えますように。


そして、いつの日か動物保護活動が必要のない世の中になりますように。






関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック