手風琴街便り♬♩♩♫♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白文鳥のペッパー


031_convert_20171026073459.jpg


26日朝、亡くなってしまいました。


8年間も私たち夫婦と共に暮らしてくれました。


沢山一緒にあそびました。


沢山求愛ダンスを披露してくれました。


時々手のひらの上で眠ってしまい、


温かくてフワフワしていて、私たちを幸せな気持ちにさせてくれました。




亡くなる三日前から止まり木に止まれなくなり、


ご飯を食べたくても体のコントロールがきかなくなり


でも、懸命に何度も何度も転げては頑張って頑張って


なんとか自力でご飯を食べたがりいつもの餌箱に辿り着き


餌箱に入って必死でご飯を食べていました。


スポイトで口にシロップを口に運んであげると美味しそうに飲んでいました。


必死にご飯を食べる姿を見て、ほんの少し希望が持てるかもと思いましたが・・・。


亡くなる前日は一日ご飯を食べようとはせず、


ヒータの前で小さく丸まってずっと眠っていました。


もう長くないと判りました。




仲良しだった桜文鳥のプッペは、


ペッパーが亡くなったことが理解できず、


朝からずっとペッパーをご飯に誘って歌いながら


何度も行ったり来たりしてご飯を食べようとしません。



プッペが寂しさで弱ってしまわないか心配です。


022_convert_20171026073127.jpg



ペッパーは、プッペの一ヶ月年下で、我が家で2番の古参です。


相方とペットショップで考えている間、


店のおばちゃんの過ぎた愛情表現で口ばしをべろべろ舐められていました


おばちゃんも商売だから、文鳥を売らなきゃ食べていけない。


散々よだれまみれにしてから私たちに譲ってくれた


というのがペッパーとの出会いでした。




いつもプッペが羽づくろいをおねだりすると、


ペッパーは嫌々ながらもやってあげていました。


小鳥の習性なのかもしれませんが、毎日二羽は同じ行動をしていました。


片方がご飯を食べれば、もう片方も同じ様にご飯を食べ、


水浴びをすれば、同じように水浴びをし、


ヤキモチ焼きで、ケンカもするけど、


離れると大きな声でお互い呼び鳴きをし、


オス同士だけどまるで恋人のようにいつもとっても仲良しでした。


2羽ともあまりに可哀想で涙が出てきます。


どうかプッペには長生きしてほしいです。



楽しい毎日をありがとう。おやすみ、ペッパー。


安らかに・・・




関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お悔やみ申し上げます

ペッパーちゃんのお悔やみを申し上げます
残されたプッペちゃんが痛々しいですね
ペッパーちゃん どうぞ安らかに ・・

はちかねこ | URL | 2017-10-29 (Sun) 08:20 [編集 ]


はちかねこさんへ

はちかねこさん、お悔やみを有難うございます。

ペッパーは8歳だったので、人間の年齢に換算して74才くらいになるのだそうです。
文鳥は高齢になると、癲癇になる事があるのだそうです。
今はとても悲しいですが、恐らくこれがペッパーの寿命だったのだと思います。

プッペは次の日からご飯を食べてくれるようになったので一安心ですが、なんとなく気落ちしている感じです…。

ねこじた丸 | URL | 2017-10-30 (Mon) 19:21 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。