手風琴街便り♬♩♩♫♪

ごんべえさんレポート16

いつも病院へ行く車の中ではずーっとワシャワシャして落ち着かなかったごんべえさん。
帰りの車ではわかっているのか必ず大人しく寝転がっているんです。


この日マムさんの家に連れて行く車の中、落ち着かなかったのは最初の3分ほどだけ。
あとは到着するまでの時間、ずっと大人しく寝転がっていました。


沢山の荷物や自分の毛布まで一緒に持って着ているので、「おいらは引っ越しするんだな」となんとなく察したのでしょうか・・・?
最初から大人しいのは初めてだったので、なんだか不思議した。

実は相方は夜勤。本当は昼寝をして仕事に備えなければいけない時間だったのですが、「ごんべえさんとねこじた丸のためなら!」と言って車を走らせてくれました。
相方の協力がなければマムさんのおうちにごんさんを連れて行くのは無理だったかも。ごんさんは車に乗りなれていないので、乗せる時はちょっと怖いんです。やっぱりがぶがぶっとくるので運転中なにかあるといけないので(^_^;)


マムさんは外で待っていてくれて、暖かく出迎えてくれました。

ごんべえさんの住む場所もすでに用意されていて、一目でここならごんべえさんの喜ぶ場所だ!と思いました。

ずっと、何故だろうと考えていたのですが、ごんべえさんは冬なのにいつも日陰で寝ていました。
今日、なんとなくわかりました。


ねこじた丸の家の庭は雨風をしのげる場所が何もないうえ、砕石がゴロゴロしているんです。その砕石が白っぽいため、晴れた日は照り返しで目が痛くなります。
ねこじた丸も、ずっと庭にいると目が焼けて真っ赤になります。

ごんべえさんは白内障になり始めていて、まだ視力はあるのですが白くなってきています。
ねこじた丸にも小さな目の病気があり、いつも眩しいです。
犬ではよくわかりませんが、人の場合だと白内障も光りが眩しくなるんだそうで、もしかしたらそのせいで日陰を好むんじゃないかなぁと思います。

それに、ずっと気にしていたことだったんですが、前庭疾患を起こしたごんさんにとりあえず作った部屋が、小さい窓が一個だけで壁だらけの閉鎖的な部屋であることが、痴呆を進行させそうで診断されてからずっと引っかかっていました。
なんの刺激もない部屋に閉じ込めてしまっては人間だって普通じゃいられません。

今までごめんね。ここなら過ごしやすいね、ごんべえさん(^^)
ここなら雨風しのげる場所になっていて、自由に歩き回ることもできます。土の感触もいいみたい。

しかもルームメイトがいるんです\(^o^)/\(^o^)/
023_convert_20140224113132.jpg
『サークルマムの活動日誌』で見ていた寅さん
一緒に暮らす仲間がいるって本当にいいですよね。
痴呆の犬には特にいい効果があるんだそうです。

寅さんは本当にいい子で、ごんべえさんをすんなり受け入れてくれました。
新入りがいきなり一番いい場所を取っちゃったら、ふつう大喧嘩になるのに・・・寅さんってとっても気立てがいいわんこさんです。


004.jpg
早速ごんべえさんは縁側に、お気に入りの場所を見つけました。
マムさんから送ってもらった写真です。
やっぱりいい場所選ぶなぁ~(笑)順位はごんさんが上、寅さんが下だそうです。ごめんね寅さん
でも、ごんさんと仲良くしてくれてありがとう(^^)

マムさんのおうちにはたくさんのわんこがいて、みんな『サークルマムの活動日誌』で見てきた子たち。
みんなあいさつに来てくれて、みんな一度は写真で見たことのある子たち。キキと同じ浅羽で保護されたあさこちゃん。放浪中だったお兄ちゃん(故)大吉君には何年も前に会っていたため、ずっと会いたかった弟の海君にも会えた。最後に奥から水戸黄門みたいに豊ちゃんが出てきてくれました(笑)
みんな明るくて楽しい子たちばかり。

なんだか初めて会った気がしない。

マムさんがいるから今は幸せでもみんな元は不幸な子たち。

いつも思います、この世の中は幸せな犬猫より、不幸な犬猫のほうが多いのではないかと。
ごんさんもここに来なければ不幸だった。
明るくしっぽを振っていても、これまでの犬生で「淋しいよ~」「悲しいよ~」という思いを誰にも分かち合ってもらえず、鎖に繋がれ時間をただただ過ごすだけだったのかもしれない。

マムさんのお宅に着く前は、「つれておいで~」と言ってくれたけど大変な犬を押し付けてしまい悪いなぁと思い、もう責任取れないのに迷い犬を保護するのはやめよう、キキの里親を見つけてジジも看取ったらもう動物を飼うのはやめようと思っていたのでしたが、マムさんのもとにいるわんこ達を見て、自分が飼うのをやめて動物が幸せになることはない。逃げに走れば、この先大変になるのはマムさんのような動物ボランティア。この恩をあだで返してはいけない。
その時自分ができることをやれば、必ず支えてくれる人がいるんだ。
その結果、ごんべえさんは殺処分から救えた。その結果が大切なんだと思います。
これからはマムさんのおうちで、マムさんと一緒にごんべえさんを飼っていくと思えば、むしろ心強いです。

たった20日間でも初めて会ったときに運命を感じていただけに、出先から帰ってもごんべえさんがいないことが淋しいんですがね。ジジキキはいつも連れて出かけてるから、誰かが家で待っていることが嬉しかったのかも(^_^;)
でも、これまで応援してきてくださった皆さんがずっと心配していてくださっていて、頂いたコメントを見て泣いていました
これまでの応援がなければこんなに前向きに考えられなかったと思います。
コメントをくださっていたクララ母さん、蘭丸母ちゃんさん、ラウルママさん、ありがとうございました。
なかなかコメントの返信ができなくてすみません。涙が出てきてしまいどう返せばいいか・・・。
それに、ブログを読んでくださっていた皆様、いろんなところで出会ったかた、ねこじた丸たちに声をかけてくださり、ごんべえさんの事を心配して励ましてくださった方々にも感謝しています。

これからも、ごんべさんレポートは続けていきます。これで終わりじゃありませんよ~
でも、「迷い犬」はタイトルから外しました。保護されて沢山の人が見ていて応援されてる犬はもう「迷子」じゃないですからね。(カテゴリも「ごんべえだもの」にしたのも同じ理由です)

マムさん、ごんべえさんを暖かくむかえいれてくださり心より感謝しています。
自分たちも、ごんべえさんのためにできる限りのことをしていきます。
どうぞ、これからよろしくお願いいたします。寅さん、ごんさんをよろしくね

マムさん本当にありがとうございました。


日曜にごんさんに会いに行ってきたので、次の『ごんべえさんレポート』でその時の様子をまた報告します。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

パネル展ではジジもキキも人気でしたね。ジジキキの経緯を話すと皆さん、驚いてました。不幸な子たちが早くいなくなることを願わずにはいられません。

クララかあさん | URL | 2014-02-24 (Mon) 16:40 [編集 ]


ごんべえさん、優しいルームメイトと穏やかに過ごせるといいですね。
寅さん、ごんべえさんをよろしくね。
ごんべえさんのレポ、またおねがいしま~す。

蘭丸母ちゃん | URL | 2014-02-24 (Mon) 23:46 [編集 ]


蘭丸母ちゃんさんへ

> なかなか返信ができなかったこと、ごめんなさい。
> 励ましのコメント、嬉しかったです。ありがとうございました<m(__)m>
>
> 預かっていただけるだけでありがたいのに、マムさんは私の理想を上回るおうちを用意してくださっていました(^^)
> ごんべえさんも、これからが本当の犬生がスタートという感じがします。
> 一応警察・保健所のたてまえで交番に張り出した「保護してますポスター」はまだ剥がせませんが、多分飼い主が現れることはないでしょう・・・。ほかの所のポスターは剥がしてもいいかも・・・考え中です(^_^;)
>
> これからも、マムさんのお手伝いができるようがんばっていこうと思います。
> これからもよろしくお願いします(^^)

ねこじた丸 | URL | 2014-02-25 (Tue) 08:30 [編集 ]


クララ母さんへ

> ジジキキが少しでもお役に立てたようでよかったです。
> ジジキキを見ると「かっこいいなぁ~」「かわいいなぁ~」という人がいるけど、「かっこいい」「かわいい」の裏には繁殖場の悲劇があることを沢山の人に知ってほしいなぁといつも思います。
> パネルを見てくれている人が多くてよかったです。
> 苦しむ動物たちから目を背けてはいけないと思いました。
>
> ごんべえさんを保護してよかったです。

ねこじた丸 | URL | 2014-02-25 (Tue) 09:54 [編集 ]


 

トラックバック